2012年12月08日

経済ってそういうことだったのか会議 日本経済新聞社 佐藤雅彦・竹中平蔵



 「だんご三兄弟」で有名な広告クリエーターの佐藤雅彦さんと、大学教授、大臣などを務められた竹中平蔵さんによる、経済に関する対談です。

 まあ、ハッキリ言って系統だってはいないので、参考書としては使えませんが、経済学ってとっつきにくそうと思ってる人にとっては、平易な言葉で解説してくれているので、分かりやすいです。

  "「佐藤さん、エコノミクスって、ギリシャ語の"オイコノミコス[oikonomikos]"から来ているんです。オイコノミコスとはどういう意味かといいますと、共同体のあり方、という意味なんです」" (5ページ)

 なるほど、経済学というとお金の学問かと思いきや、もともとは、人と人がどうやって一緒に生活していくかという学問だったわけですね。で、人と人が生活していくにあたって、お金の話も出てくるわけですね。

  "信じるという行為がなくなったらマネーってなくなっちゃうんです。" (20ページ)

 一万円札が使えるのは、一万円札を出す人と受け取る人が、一万円分の価値があると信用しているから使えるわけで、信用がなくなったらただの紙くずになるわけですね。不思議ですねえ。

 税金のことについても取り上げられています。

  "今の日本で言うと、人口の所得上位六%の人が、税金の四〇%を払っているんです。" (101ページ)

 多く稼いだ人が税金を多く払えというシステムだと、稼ぐ人のやる気をなくさせるし、やる気のある人が海外へ移転しちゃうのではないかというわけですね。実際、税率の低いシンガポールとか香港に移転してる人や企業はいるわけで。税は政治と密接に絡むので難しいですねえ。

 その他、アメリカ、ユーロ圏、アジア圏の経済についても書いてあります。

 ユーロ圏に関しては、経済の地域差がある中で通貨を統合することの難しさについて解説があり、この本は2002年に書かれたものですが、最近のギリシャ問題を見透かしたような記述があります。

  "それにしてもこのユーロ統一は、結果としてヨーロッパにとって吉とでるんでしょうか、凶となるんでしょうか。われわれ地球に住んでいる人間にとって、よいことなのでしょうか、どうでしょうか。意外と早いうちに最初の結論がでるような気がします。" (198ページ)

 また、本筋とは外れますが、東京湾のアクアラインについての記述が面白かったです。

  "あの橋は半分トンネルで半分橋という妙なつくりになってますけど、あれはセメント会社と鉄鋼会社が半分ずつお金を出したから" (269ページ)

 ウソみたいな話ですけど、本当らしいです。すごいですねえ。

 こんな風に、経済のあれこれについて、会話形式で解説してくれる本です。




posted by あごた at 20:48| Comment(0) | 経済

2012年12月07日

竹中式マトリクス勉強法 竹中平蔵 幻冬舎文庫



 竹中平蔵さんは、一橋大学経済学部を卒業され、日本開発銀行、大蔵省に勤務した後、ハーバードや慶応の准教授・教授を経て、小泉内閣の経済財政政策担当大臣に抜擢され、様々な大臣を務めたあと、参議院議員にもなり…。ってすごいですね。

 その竹中さんが、勉強の仕方について、ご自分の経験を交えながら解説してくれる本です。

  "私自身、小学校の低学年の頃勉強の成績は極めて普通、というよりはっきりいって勉強ができる子ではありませんでした" (216ページ)

 竹中さんは最初から勉強ができたわけではなく、いろいろと工夫して勉強法を編み出したそうです。

 タイトルにあるマトリクス勉強法とは、以下のような感じです。
 (帯に書いてあるので書いちゃって問題ないでしょう)

 天井がある勉強天井がない勉強
人生を戦うための
武器としての勉強
A.記憶勉強
TOEICで750点を目指す
B.仕事勉強
プログラミングの勉強をする
人間力を鍛えるための
人と人を結ぶ勉強
C.趣味勉強
アマチュア無線の免許取得
D.人生勉強
ピアノを弾けるようになる


 このマトリクスに当てはめて、自分は何を勉強すべきか、その目標を立てるために使うそうです。

 勉強をするためには、当然時間が必要になるわけですが、社会人ともなると何かと忙しいので、自分で時間を作り出すことが大切と説いています。

 飲み会に誘われないように、いつも忙しそうにすると良いらしいですが、たまに付き合いで飲みに参加するとしても、竹中さんは宴会を抜け出すのの名人だそうです。

 宴会を抜け出すコツは以下の3つだそうです。

  ・"宴会の場合は最初からいること" "カラオケの場合は、最初から2曲ぐらい歌ってしまう" (73ページ)
  ・"身軽な格好で出向くこと" (73ページ)
  ・"出口から一番近い席に座ること" (73ページ)


 最初だけ居るぞとアピールをして、隙を見てそそくさと帰ってしまうわけですね。ちょっと嫌なやつになってしまうかもしれませんが、顔を出したという実績は作れますね。

 最近、東洋経済のwebサイトで、竹中さんが若者に向けて発したメッセージが物議をかもしていましたが、竹中さんはこれだけ努力して勉強してきたわけですから、こういうことを言いたくなる気持ちは分かります。

  "私が、若い人に1つだけ言いたいのは、「みなさんには貧しくなる自由がある」ということだ。「何もしたくないなら、何もしなくて大いに結構。その代わりに貧しくなるので、貧しさをエンジョイしたらいい。ただ1つだけ、そのときに頑張って成功した人の足を引っ張るな」と。" (東洋経済オンラインより)

 もう一つ私が気になったのは、英語の勉強法についてです。

  "「日本人は喋れないけど、書ける」は大ウソ" (127ページ)

 よく、日本人はペーパーテストばかりやってきたから、英語は書けるけど喋れないと言いますが、竹中さんに言わせれば、英語が書けるのであれば喋れるだろうと。むしろ日本人はまだまだ読む量も書く量も足りないというわけです。確かにそうですね…。

 この本を読むと、自分も計画を立てて勉強したくなってくることでしょう。ご自身の勉強の計画をたててみるのもいいかもしれません。

  "勉強をし続けるには「努力ができる人間」になることが大前提" (35ページ)

 あー耳が痛いですねえ…。がんばるしかありませんねえ…。




posted by あごた at 13:09| Comment(0) | 自己啓発

2012年12月05日

LIFE PACKING(ライフパッキング)【未来を生きるためのモノと知恵 高城剛 晋遊舎



 部屋には収集したスニーカーの段ボールが積み重なっていたような生活をしていた高城剛さんが、5年ほど前に99%のモノを処分しました。

 この本には、厳選された残り1%のモノたちが載っています。

 現在高城さんは、2週間であればナップザック一個、3週間であればキャリーバッグ一個、3ヶ月であればスーツケース一個で北極圏から赤道直下まで仕事に行くそうですが、この選び抜かれたモノたちを見ると、その生活がうかがい知れます。

 モノマガジン・サバイバル版と言ったところでしょうか、この本を読んでいるとちょっとモノが欲しくなります。


 いくつか気になったモノを紹介します。

---

  "AT-PHA05BT" (20ページ)



 iPhoneは音質が悪いと言われますが、これを使えば断然良い音で音楽を楽しむことができます。

 iPhoneからの音をbluetoothの電波で飛ばすので、イヤホンのコードの煩わしさが少し減ります。

 さらにマイクを搭載しているので通話もできます。

 んー、これは欲しい。

---

  "WATER BOILER USH-10" (44ページ)



 以前ヨーロッパに旅行した時、日曜日にはお店がほとんど閉まってしまい、夕飯を食べ損ねたことがありました。

 コンビニなんて便利なものはありませんでした。

 小さな商店が開いていて、カップラーメンのようなものを売っていたので、しょうがないからそれを買いました。

 ホテルに戻り、紅茶用にロビーに置かれていたお湯を注いだら、ちょっとお湯の量が足りず、硬い麺を食べることになりました…。

 お湯が沸かせるというだけで、なんて豊かな生活になるのだろう。本当にそう思いました。

---

  "External Battery For The Mac Book Air" (174ページ)

 商品説明はコチラ

 大震災の時、うちも停電になりました。電気がないと何にもできない。普段意識もしなかったことに改めて気付きました。

 大容量バッテリーがあって、ノートPCや携帯電話が使えるだけでも、相当ありがたい。

 この製品は、太陽電池パネルもあるらしく、もしもの時の備えにもなります。


---

 いかがでしょうか?

 高城さんの生活をそのまま真似することは到底できませんが、本当に必要なモノとは何なのか、自分の価値の基準は何なのかについて問いかけられているようです。

 それと、この本の表紙には、ある仕掛けがしてあります。買った人は表紙をよーく調べてみてくださいね。

  "研ぎ澄まされたアイデアは、研ぎ澄まされた装備から" (30ページ)

 この表紙のアイデアも、このモノたちから生み出されたんでしょうね。






posted by あごた at 18:49| Comment(0) | 自己啓発