2012年12月23日

聞く力―心をひらく35のヒント 文春新書 阿川 佐和子



 もう100万部売れたそうですよ。

 なぜ売れたのかというと、単純に面白いからでしょうね。

 阿川さんはエッセイ賞や文学賞を取られているそうですが、文章がとっても自然で、すんなり頭に入ってきます。

 また、いろいろな人とのインタビューのエピソードがそれぞれ面白くて、落語のようにオチがついてます。

  "自分の話をまったく聞いてもらいたくないと思っている人は、そうはいないでしょう。" (41ページ)

 ことわざで、話し上手は聞き上手と言いますが、上手に会話するために、自分が面白いことを言ってやろうとするより、むしろ相手の面白い話を引き出してやろうという姿勢の方がうまくいきますし、モテると思います。

 みんな話したいことがあるんですよね。誰かに聞いてほしいと思っているはずです。

 自分に余裕がない時ほど、つい自分の話ばかりして、相手の話を聞かなくなってしまいますね。それではいけません。

 阿川さんも、インタビュー前にあまり質問を用意しすぎないようにして、まず相手の話を聞き、興味のあるところや面白くなりそうなところを質問して広げていくそうです。

  "「脱線した話」によーく耳を傾けて、じっくり聞いて、とことん楽しむ。" (99ページ)

 インタビューが脱線した時には、無理に本題に戻そうとせず、面白い話なら脱線した方向に話を進め、面白くなさそうなら、本題に戻れそうなキーワードを探し、本題に戻るように質問すると良いそうです。

 そういえば、この本もどんどん脱線していきますね(笑)。

  "「もうこれくらいで対談終わっていいんじゃないのかな。今日は一人でいろいろしゃべり散らしたけれども、一見、躁病的軽薄に見えるこの話のなかに、実は奥深い意味と象徴を見つけることのできる読者と、それができない読者とがいるでしょう」" (251ページ)

 阿川さんが子供の頃から交流がある、遠藤周作さんの言葉だそうです。阿川さんが人生の指針としているそうです。

 なんだ、この本は面白エピソードばかりで、ちっとも「聞く力」の教科書にはなってないように見えるけど、それは阿川さんの狙い通りだったんですね。

 この本のタイトルが、「聞く力」というのはおかしいのではないかという意見がありますが、聞く力を磨くための方法が、教科書のように箇条書きで書かれているわけではなく、一連のエッセイの中に散りばめられているわけですね。

 さすが、売れている本だけあって、万人が楽しめるようになっていますねえ。





posted by あごた at 21:56| Comment(0) | 自己啓発

2012年12月19日

スタンフォードの自分を変える教室 大和書房 ケリー・マクゴニガル (著), 神崎 朗子 (翻訳)



 もともとはスタンフォード大学の講義だったものを書籍化したものです。

 よって、内容はとても実践的です。自分で実際に試し、自分がどう変わっていくかを観察することを勧めています。

 アメリカンジョークがところどころに織り込まれていて、ちょっと和みます。

 意志力には以下の3つがあるそうです。

  ・やる力
  ・やらない力
  ・望む力

 このうち望む力が一番重要で、いろいろ邪魔が入って目標達成できなくなりそうになっても、望む力があれば、もう一度目標に向かって進み直すことができるというわけです。

 目標達成が困難になる理由はいろいろありますが、その対処法について、精神論ではなく科学的に説明してくれています。

  "道徳的によいことをしているような気分になると、よいことをした分、悪いことをしてもかまわないような勘違いを起こしてしまう。" (163ページ)

 例えば、ダイエットで1キロ減ったから、自分へのご褒美としてケーキの一つくらい食べてもいいよね?というような心理は、人間なら誰でもあるそうです。うう…思い当たる。

 心理学ではこのように、善いことした後で、自分が悪いことをすることに寛容になる心の動きを「モラル・ライセンシング」と呼ぶそうです。

 ダイエットは道徳的に善いと思ってやっていると、反動で悪いことをしたくなってしまうので、あくまでも健康な体を手に入れるという、自分の利益のためと思ってやったほうがいいそうです。

  "ドーパミンのおもな役割は私たちに幸せを「追い求めさせる」ことであって、私たちを幸せにすることではないからです。" (189ページ)

 欲しい!という「欲求」や「欲望」を感じている時は、脳の中でドーパミンが放出されるそうです。

 僕はてっきり、ドーパミンが幸せを感じさせるのだと思ってましたが、実はドーパミンは手に入れるまでのモチベーションをもたらすだけで、手に入れた後の幸福感はもたらさないそうです。

 よく、買うまでのカタログを見ている時間が一番楽しいなんて言いますけど、カタログを見てる時はドーパミンが出まくっているんでしょうね。
 
 原始時代は、木の実を見たらドーパミンを出して、木の実をゲットするまでモチベーションを維持することが生き残るために大事だったのですが、現代人はドーパミンのせいで、不必要なものまで欲しいと勘違いしてしまうこともあるそうです。

 例えば大安売り・タイムセール・新商品・試食販売などは、ドーパミンを誘発し、冷静な判断を失わせる効果があるそうですよ。

 じゃあドーパミンは悪者なのかというと、そんなことはありません。ドーパミンが出なければ何にもやる気がしなくなってしまいます。鬱状態になってしまいます。

 つまり欲望自体は良くも悪くもありませんが、欲望によってどこへ向かおうとしてるか、何をやりたいか、どういう場合なら欲望に従ってもよいかを見極められるようになることが大事と説きます。

  "きっと明日ならやる気になると思って、今日やるべきことを先延ばしにしていませんか?" (260ページ)

 ダ〜イエットは明日から〜、じゃないですけど、明日になれば強い自分が現れて、問題を解決してくれるのではないかと、つい期待しがちです。

 未来の自分は現在の自分の延長でしかないのですが、未来は不確実であるために、まるで未来の自分は他人であるかのように思う傾向があるそうです。

 未来の自分を身近に感じるためには、将来の自分を想像してみるだけでも効果があるそうです。

  "悪い習慣も好ましい変化も、ともに人から人へウイルスのように感染する" (274ページ)

 人間にはミラーニューロンという神経細胞があり、他人の行動を見ると、あたかも自分がその行動をしているかのように脳が活動するそうです。

 人間はミラーニューロンによって、他人の行動を理解していると考えられているそうです。

 朱に交われば赤くなると言うことわざがあるように、太っている人の中にいると、自分もつられて太りやすくなるそうです。

 イチローが年棒を下げてまでヤンキースへの移籍にこだわったのも、ヤンキースのチームメイトのやる気がイチロー自身に伝染するということを分かっているからでしょうね。

 また、お手本にしたい人のことを思い浮かべて、あの人ならどうするだろう?と考えると意志力を強くすることができるそうです。

  "何かを考えないようにすると、かえってそのことが頭から離れなくなります。" (310ページ)

 大学の心理学の実験で、「これから5分間、シロクマのことを考えないようにしてください」と指示したところ、被験者たちはシロクマのことが頭から離れなくなってしまったそうです。

 確かに、眠らなきゃ眠らなきゃと思うと眠れませんし、食べちゃいけない食べちゃいけないと思うとずっと食べ物のことを考えてしまいますよね。

 このジレンマから抜けるためには、なんと、あきらめると良いそうです。コントロールしようとしない方が良いそうです。

 シロクマについて考えることを許可されると、逆に考えなくなるそうです。

 人間って不思議ですね!



 望む力があればうまくいくと言いますが、自分が本当にやりたいことを探すことが一番難しいと思いました。
 
 まあ、短期的ではなく、長期的な目標決めて、それに向かってがんばれということですかね。

 脳みその性質についていろいろ知ったので、僕も自分をコントロールできるように試してみようと思います。





posted by あごた at 00:39| Comment(0) | 自己啓発

2012年12月10日

デイトレード―マーケットで勝ち続けるための発想術 日経BP社 オリバー ベレス (著), グレッグ カプラ (著), 林 康史 (翻訳), 藤野 隆太 (翻訳)



 この本は、FXとか株とかその他証券を比較的短期で(デイトレードとかスウィングトレードとか呼ばれるような)トレードをしている人向けの、心理面の対処法について解説した本です。

 翻訳される前の原本(TOOLS AND TACTICS FOR THE MASTER DAY TRADER)は、二部構成になっていて、第二部では具体的なデイトレードの手法について書いてあるそうですが、この本では第一部の心理面の対処法だけが載っています。

 まあ短期トレードだと、心理面が強くないと勝てないですからね。

 "ある一定の水準に到達したトレーダーは、自然な発想が逆転し、ほとんど非人間的ともいえるようになるのである。" (87ページ)

 優れたトレーダーは、勝った負けたで一喜一憂せず、連勝してても気を抜かず、連敗してても挫折せず、正しい行動をした時にのみ正しいと感じるようになる…、そうです。

 そんなことができたら超人ですね。

 でも、そのくらいでないと勝てないということでしょうね。

 "正しく負けることを知ることは、トレーディングで成功するための基礎である。" (140ページ)

 取引を開始する時には、いくら負けたら撤退するか、つまり損切りラインを決めておく。耳にタコができるくらい聞かされる言葉ですか、いざ損切りする時になると躊躇してしまうものですよね。

 しかし、きちんと損切りをすれば手元に資金が残る。100円の損失で損切りした後、さらに100円マイナスに動いたのならば、その負けはむしろ勝利に値する、とこの本は教えています。

 ですよねー。本当に損切りは大事です。わかっちゃいるけど…。

 "トレーディング日誌をつける" (216ページ)

 勝った時よりも、負けた時のほうが成長するチャンスです。

 負けから学ぶには、自分の取引の履歴を記録しておくのが良いということで、この本ではトレーディング日誌を付けることを推奨しています。

 日誌には、日時と取引内容と買った・売った理由を書くように勧めています。

 日誌を後から読み返せば、勝つ時の法則や、負ける時の課題が見えてくるでしょう。

 この本に書いてある通りに、自分の決めたルールに従って、冷酷に損切りも利益確定もするとしたら、自動売買ソフトを使って、機械的に取引するのが良いだろうと思い、私はMetaTrader (MT4) で自動売買をやりました。

 MetaTrader は、過去の相場のデータをダウンロードして、自分が作った取引ルールが過去の相場で勝てるかどうか実験するバックテストという機能が付いているのですが、まー勝てない勝てない。

 なかなかプラスになる取引ルールを見つけることができませんでした。

 で、結局インヴァスト証券のシストレ24に落ち着きました。

 シストレ24では、専門の業者が取引のルールを用意してくれていますので、ユーザはその中から勝ちそうなルールを選ぶだけです。勝てるルールを考えられるってだけで尊敬します。

 収益ですか?プラマイゼロをさまよっております…。がんばります…。




posted by あごた at 15:34| Comment(0) | 証券・金融市場